ニュース
» 2017年03月10日 09時00分 UPDATE

アナログ・デバイセズ Drive360:車載向けの28nm CMOSレーダープラットフォーム

アナログ・デバイセズは、ADAS(先進運転支援システム)とMEMSセンサー、レーダー技術を統合した28nm CMOSベースの自動車用レーダープラットフォーム「Drive360」を発表した。

[EDN Japan]

余裕のある回避行動が可能に

自動車用レーダープラットフォーム「Drive360」

 アナログ・デバイセズは2017年2月、ADAS(先進運転支援システム)とMEMSセンサー、レーダー技術を統合した28nm CMOSベースの自動車用レーダープラットフォーム「Drive360」を発表した。自動運転やADASに必要なハイエンドの長距離ユースケース、短〜中距離の自動緊急ブレーキ、死角検出、至近距離自動駐車などに対応するという。

 Drive360は、CMOSベースのレーダープラットフォームを実用化したもので、高集積のパワーマネジメントコンパニオンチップを搭載している。既存のSiGeデバイスよりも遠方の物体を認識でき、余裕のある回避動作が可能となっている。

 また高度な信号処理の統合オプションや、カスタムIPの搭載も可能である。同社は、製品開発期間を短縮し、設計リスクと開発コストを削減できるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.