ニュース
» 2017年03月13日 09時00分 UPDATE

STマイクロ VL53L1:5ミリ秒で距離を測定できるToF測距センサー

STマイクロエレクトロニクスは2017年2月、5ミリ秒で距離を測定するToF(Time-of-Flight)測距センサー「VL53L1」を発表した。940nmの垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)光源や単一光子アバランシェダイオード(SPAD)光子検出器などを集積した。

[EDN Japan]

4.5m以上の最大測定距離

 STマイクロエレクトロニクスは2017年2月、5ミリ秒で距離を測定するToF(Time-of-Flight)測距センサー「VL53L1」を発表した。サイズは4.9×2.5×1.56mmで、940nmの垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)光源やマイクロコントローラ、単一光子アバランシェダイオード(SPAD)光子検出器などを1チップに集積した。

 新たに光学レンズを内蔵したことで光子検出率が増加し、測距性能を高めた。マルチターゲット検出や長距離測定時のカバーガラスによるクロストーク耐性、設定可能なマルチゾーンスキャンなどの機能を備え、ロボットや人体検出システム、ドローン、IoT(モノのインターネット)機器、ウェアラブル機器などに対応する。

ToF測距センサー「VL53L1」

 また最大測定距離は4.5m以上で、21Mピクセルの光学カメラの過焦点距離にも対応。スマートフォンのオートフォーカス機能に使用すると、従来品の2倍の速度で物体を検知できる。複数のターゲットを検知可能で、SPADセンサーマトリクスを任意のゾーンに分割して使用することもできる。I2Cにも対応しているという。既に量産を開始しており、パッケージにはソフトウェアドライバとドキュメントが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.