ニュース
» 2017年03月14日 09時00分 UPDATE

オスラム SFH4796S:全体に均一な照射が可能な虹彩認証向け赤外LED

オスラム オプトセミコンダクターズは、生体認証セキュリティ用赤外LED「SFH4796S」を発表した。内部リフレクタと内蔵レンズによって顔を均一に照射し、顔の特徴を検知する。

[EDN Japan]

波長850nmで顔を照射

生体認証セキュリティ用赤外LED「SFH4796S」

 オスラム オプトセミコンダクターズは2017年2月、赤外光で顔を均一に照射して特徴を捉える、生体認証セキュリティ用赤外LED「SFH4796S」を発表した。

 顔認証には、顔の特徴を検知するために高品質な画像が必要となる。同社は、従来の赤外LED「Oslux」をベースにSFH4796Sを開発した。顔認証システムに適した±40°の放射角を持ち、内部リフレクタと内蔵レンズを調整して顔への均一な照射を可能にしている。

 1A時の光出力は800mWで、顔認証に適した照射ができる。550mW/srの放射強度と850nmの波長で照射するが、弱い赤色で認識するため、まぶしさを感じないという。コンポーネントの高さは1.4mmで、フットプリントのサイズは3.5×3.5mm2となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.