ニュース
» 2017年03月21日 09時00分 UPDATE

インターシル ISL72813SEH:衛星向けデコーダーを内蔵した耐放射線ドライバー

インターシルは2017年2月、衛星向けデコーダーを内蔵したシングルチップ耐放射線32チャンネルドライバーを発表した。衛星コマンド、テレメトリーソリューションのサイズを半減するという。

[EDN Japan]

優れた耐放射線性能

シングルチップ耐放射線32チャンネルドライバー「ISL72813SEH」

 インターシルは2017年2月、人工衛星向けのデコーダーを内蔵したシングルチップ耐放射線32チャンネルドライバー「ISL72813SEH」を発表した。デコーダーとレベルシフター、ドライバーアレイを1個のモノリシックICに集積し、衛星コマンド、テレメトリーソリューションのサイズを最大50%低減するという。

 内蔵のデコーダーは、衛星のフライトコンピュータのFPGAやCPUの汎用I/Oに直接接続でき、競合品の1入力1出力ドライバーアレイに比べてピン数を大幅に削減する。内蔵のレベルシフター回路により、いくつかの周辺部品も不要になる。

 ドライバーには同社独自のシリコンオンインシュレータープロセスを採用し、重イオン環境でシングルイベントラッチアップ(SEL)耐性を提供する。

 放射線耐性は、高線量率時は100krad、低線量率時では50krad。50kradの低線量率によるウエハーごとの検査を実施する。コレクター−エミッター間飽和電圧が1.5V、コレクター電流出力は600mAまで。32チャンネルのコモンエミッター、オープンコレクタードライバー出力の各チャンネルが、最大42V、600mAのパルス生成を可能にする。

 パッケージは、44ピンのセラミックリードレスチップキャリアを採用。デバイスの機能と性能が評価できる評価ボードも提供するとした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.