ニュース
» 2017年03月23日 09時00分 UPDATE

エスアイアイ・セミコンダクタ S-8224A/Bシリーズ:消費電流0.25μAのリチウムイオン電池保護IC

エスアイアイ・セミコンダクタは、電圧検出回路と遅延回路を内蔵した、リチウムイオン電池セカンドプロテクトIC「S-8224A/B」シリーズを発売した。従来製品の10分の1となる0.25μAの低消費電流を達成している。

[EDN Japan]

±20mVの過充電検出電圧精度

 セイコーインスツルの子会社で、半導体の製造および販売を行うエスアイアイ・セミコンダクタは2017年3月、電圧検出回路と遅延回路を内蔵した、リチウムイオン電池セカンドプロテクトIC「S-8224A」「S-8224B」シリーズを発売した。従来製品の10分の1となる0.25μAの低消費電流を達成し、バッテリー駆動時間を向上できる。

 過充電検出電圧は3.600〜4.700V、同電圧精度は±20mVで、リチウムイオン電池の安全性の向上に貢献するという。過充電検出遅延時間は1秒、2秒、4秒、6秒および8秒から選択できる。セル間をショートすると、2〜4セルの直列接続にも対応できる。出力制御機能により、PTCを用いた温度保護機能を付加できるため、異常温度の検出にも対応する。

 S-8224Bシリーズは、充電制御用FETのゲート接続端子に出力電圧制御回路を搭載。CO端子出力電圧を11.5Vに制限するため、ゲート-ソース間耐圧が12VのFETも使用できる。

 パッケージには2.5×2.0×0.5mmのSNT-8Aを採用。同社では、ノートPCなど、携帯機器の電池保護での用途を見込んでいる。

リチウムイオン電池セカンドプロテクトIC「S-8224A/B」シリーズ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.