ニュース
» 2017年03月27日 09時00分 UPDATE

ADLINK 回転機械状態監視用スタータキット:オンライン連続監視に対応するCMSスタータキット

ADLINK Technologyは、1日24時間のオンライン連続監視と故障予測に対応するCMS(回転機械の状態監視システム)用スタータキットを発表した。4チャンネルのDSAモジュール、機械状態監視アプリケーション、加速度計、磁気マウント式接続ケーブルを一括して提供する。

[EDN Japan]

4チャンネル/24ビットのDSAモジュール

 ADLINK Technologyは2017年3月、1日24時間のオンライン連続監視と故障予測に対応する、回転機械の状態監視用スタータキットを発表した。4チャンネルのDSAモジュール、機械状態監視アプリケーション、加速度計、磁気マウント式接続ケーブルを一括して提供する。

 同キットは、4チャンネル/24ビットのDSAモジュール「USB-2405」を搭載し、振動/音響アプリケーションのマイクや加速器において効率的な測定を可能にした。信号調整器を追加しなくても、4チャンネルそれぞれに2mAのIEPE励起電流を発生させることができる。また、アンチエイリアシング・フィルター機能を装備し、カットオフ周波数をサンプリングレートに自動調整して帯域外ノイズを抑制する。

 他に、Phoenix GM Lite Microsoft Windowsに対応した機械状態監視アプリケーションを搭載。回転機械を監視/分析して全帯域幅と環境データを計算するほか、測定値が設定したアラームや環境パラメーターを超えた場合に警告を発生させる。

 しきい値設定は、ユーザー定義もしくはISO 10816マシン振動基準から選択できる。磁気マウント式加速度計は、周波数0.5〜10kHz/振幅最大50Gに対応。マグネットで測定デバイスに装着が可能で、測定点を容易に変更できる。

「回転機械状態監視用スタータキット」(左)、機械状態監視アプリケーションのイメージ(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.