ニュース
» 2017年03月31日 09時00分 UPDATE

シリコン・ラボ EFR32xG12:Bluetooth 5に対応したマルチプロトコルSoCデバイス

シリコン・ラボラトリーズは、マルチプロトコル対応SoCデバイス「Wireless Gecko」シリーズを拡張し、新たに「EFR32xG12」シリーズを発表した。各種無線プロトコルに加えてBluetooth 5に対応している。

[EDN Japan]

市場最高のRF出力と感度

 シリコン・ラボラトリーズは2017年3月、マルチプロトコル対応SoCデバイス「Wireless Gecko」シリーズを拡張し、新たに「EFR32xG12」シリーズを発表した。各種無線プロトコルに加えてBluetooth 5に対応し、ホームオートメーションやネットワーク接続照明機器、ウェアラブル端末、産業用IoT(モノのインターネット)に活用できる。

 EFR32xG12シリーズは、マルチプロトコル対応SoCでは、現時点では「最大」(同社)という+19dBmのRF出力を備えている。同時に、2.4GHz帯域において、ZigBeeおよびThreadでは−102.7dBm、Bluetooth Low Energyでは−95dBmの感度を達成。これらのRF出力と感度を組み合わせることで、スマートメーターなどのIoTアプリケーションにおいて優れた無線通信距離とバッテリーの長寿命化を可能にした。

SoCデバイス「EFR32xG12」シリーズ

 フラッシュメモリは従来品の4倍となる最大1024kバイト、RAMは8倍となる最大256kバイトに増設。これにより、マルチプロトコルスタックやリアルタイムOS、デバイスのバックアップイメージ、無線アップデート機能などに対応する多様な機能を備えたIoTアプリケーション開発に対応する。

 また、2Mビット/秒のBluetooth物理層を備え、Bluetooth 5規格適合スタックを使ったアプリケーションにおいてゆとりあるスループットを提供する。真性乱数生成回路に特化したオンチップのセキュリティアクセラレーターを搭載し、安全性を高めた。他に、自律型の静電容量式タッチセンスコントローラーにより、外部コントローラーを追加することなく、Cタッチ型インタフェースに直接対応できる。

 パッケージは7×7mmのQFN48で供給される。I/O増設を必要とする高機能アプリケーション向けに、65-GPIO 7×7mm BGAのパッケージオプションもそろえた。開発キット「Simplicity Studio」も用意され、無償でダウンロードできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.