ニュース
» 2017年04月03日 09時00分 UPDATE

日本航空電子工業 DW07:大電流ブスバー接続用コネクター「DW07」シリーズ

日本航空電子工業は、ブスバーの接続をコネクター化した、大電流ブスバー接続用コネクター「DW07」シリーズを発表した。従来のねじと圧着端子を使ったブスバー接続に比べ、作業空間の利用率を改善した。

[EDN Japan]

ブスバーの接続をコネクター化

 日本航空電子工業は2017年3月、ブスバーの接続をコネクター化(ドッキング接続)した、大電流ブスバー接続用コネクター「DW07」シリーズを発表した。ねじと圧着端子を使った従来のブスバー接続に比べて作業空間の利用率を改善し、ねじ止めの作業性も向上した。電力変換設備や蓄電設備などの大電流パワーラインのほか、通信機器や産業機器における大電流接続の効率化にもつながる。

大電流ブスバー接続用コネクター「DW07」シリーズ

 ブスバーへの接続は従来、ねじと圧着端子を使って電線で行われることが多かった。DW07シリーズはブスバーの接続をコネクター化したことで、設備の機器内配線を高密度化できる。さらに、接続部位をコンパクト化するほか、配線接続作業時間やメンテナンス時の交換作業時間を低減する。

DW07を用いたブスバー接続

 また、フローティング接続が可能で、ブスバーに取り付けた際に上下方向に±2.5mm、回転方向に±1.5度可動する。これにより、リジッドなブスバー同士の位置ずれを許容した接続に対応できる。ブスバーの固定穴を利用し、ねじを使わずに片手で取り付けることも可能だ。

ユニット接続用途例

 1ラインに取り付ける個数を変更すれば、通電可能な電流容量も変更できる。接触抵抗は0.16mΩ以下で、挿入力と抜去力はそれぞれ120N以下と50N以下、嵌合寿命は100回、使用温度範囲は−25〜105℃となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.