ニュース
» 2017年04月17日 09時00分 UPDATE

テクトロニクス PRISM:IP/SDIメディア解析の機能を強化、最新規格に対応

テクトロニクスは、ソフトウェアベースのIP/SDIメディア解析プラットフォーム「PRISM」の機能を強化した。SMPTE ST 2022-7やIGMP V3などの最新規格に対応している。

[EDN Japan]

SMPTE ST 2022-7やIGMP V3に対応

 テクトロニクスは2017年4月、ソフトウェアベースのIP/SDIメディア解析プラットフォーム「PRISM(プリズム)」の機能を拡大したと発表した。最新規格をサポートした他、IPビデオネットワーク品質測定機能などを強化。また、ディスプレイ内蔵型の現行3RU製品に加え、新たに外部ディスプレイを活用する1RU形状を追加した。

IP、SDIメディア解析プラットフォーム「PRISM(プリズム)」

 今回の機能強化では、SMPTE ST 2022-7やIGMP V3などの最新規格に対応。他に、PTP同期タイミングの解析、ネットワーク管理システムに統合するためのAPIサポート、詳細解析のためのIPストリームキャプチャー機能を追加した。また、リアルタイムIP測定機能により、IPネットワーク問題を解決するための原因を特定できる。

 同社は、2017年4月22〜27日に米国ラスベガスで開催される「NAB SHOW 2017(全米放送機器展)」に機能を強化した製品を展示する。NABでは、Quad-Link 3G-SDIとSingle Link 12G-SDIによるHDR(High Dynamic Range)4Kフォーマットサポートと、12G-SDIインタフェースによるシグナルインテグリティ検証のためのアイパターン測定も展示する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.