ニュース
» 2017年04月21日 09時00分 UPDATE

TDK ADL3225Vシリーズ:広帯域で高インピーダンスを確保する車載PoC用インダクター

TDKは、車載電子部品の品質規格AEC-Q200に準拠した車載PoC(Power over Coax)用インダクター「ADL3225V」シリーズを開発した。1M〜1000MHzの広帯域で高いインピーダンスを確保し、信号ラインと電源ラインを分離する。

[EDN Japan]

1M〜1000MHzで高いインピーダンスを確保

 TDKは2017年4月、車載電子部品の品質規格AEC-Q200に準拠した車載PoC(Power over Coax)用インダクター「ADL3225V」シリーズを開発したと発表した。広帯域で高いインピーダンスを確保し、信号ラインと電源ラインを分離する。

 複数の電子制御ユニット(ECU)を結ぶ車載インタフェースでは、双方向通信に車載イーサネット、カメラからメイン基板に映像信号を送る一方向の通信に小振幅差動信号方式(LVDS)が導入されている。LVDS伝送では、1本の同軸ケーブルで信号伝送と電源供給を行うPoC化が進んでおり、電源と信号の分岐点で高いインピーダンスが求められている。

車載PoC用インダクター「ADL3225V」シリーズ

 ADL3225Vシリーズは、1M〜1000MHzの帯域で高いインピーダンスを確保し、良好な直流重畳特性を備えている。インダクタンスは47μH±20%で、直流抵抗は最大0.9Ω。定格電流は、インダクタンス変化率に基づく場合(Isat)が300mA、温度上昇に基づく場合(Itemp)が500mAとなる。

 サイズは3.2×2.5×2.4mmで、−40〜105℃の温度範囲で動作する。同月より生産を開始し、月産30万個の予定(当初)。サンプル価格は30円(税別)となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.