ニュース
» 2017年07月07日 09時00分 UPDATE

シリコン・ラボ Si54x:低ジッタで任意の周波数に対応できる水晶発振器

シリコン・ラボラトリーズは、最低80フェムト秒の低ジッタ性能を備え、任意の周波数に対応する水晶発振器「Si54x」シリーズを発表した。オプションで、シングル、デュアル、クアッドの出力周波数を切り替え可能な機能を搭載できる。

[EDN Japan]

最低80フェムト秒の低ジッタ性能

 シリコン・ラボラトリーズは2017年6月、最低80フェムト秒の低ジッタ性能を備え、任意の周波数に対応する水晶発振器「Si54x」シリーズを発表した。100G、200G、400Gのラインカードやオプティカルモジュール、ハイパースケールデータセンター、ブロードバンド、工業用テストと測定など、要求の厳しいタイミングアプリケーションに対応する。

水晶発振器「Si54x」シリーズ

 周波数範囲は200k〜1.5GHzで、オプションでシングル、デュアル、クアッドの出力周波数を切り替え可能な機能を備えた。オンチップ電源安定化機能によって電源のノイズが遮断されるため、データセンターなどの高ノイズ環境でも低ジッタの動作を保証する。また、LVDS、LVPECL、HCSL、CML、CMOS、Dual CMOSなどの一般的な出力形式に対応した。

 3.2×5mmのパッケージで提供され、既に量産出荷を開始している。ユニバーサルタイプの評価ボード「Si5xxUC-EVB」の他、「発振器位相ノイズ・ルックアップ・ツール」など、無償のWebベースツールも提供している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.