ニュース
» 2017年07月31日 09時00分 UPDATE

SMK HCFシリーズ:斜め押しに対応、民生用途向けプッシュスイッチ

SMKは、プッシュスイッチ「HCF(High Click Feeling)」シリーズを拡充し、民生用途向けの「JPM1991-0611F」「JPM1991-0411F」を追加した。1.7Nもしくは2.4Nの軽荷重により、斜め押しや端押し動作に対応できる。

[EDN Japan]

最大4度の斜め押しや端押しに対応

 SMKは2017年7月、プッシュスイッチ「HCF(High Click Feeling)」シリーズを拡充し、民生用途向けの「JPM1991-0611F」「JPM1991-0411F」を追加した。軽荷重対応品で、外形サイズは4.8×3.0×1.85mm。携帯オーディオ機器やデジタルカメラ、通信装置、サニタリー、キーレスエントリーシステム、カーナビなどでの用途を見込む。

民生用途向けプッシュスイッチ「HCF」シリーズ

 HCFシリーズの従来の車載向け製品は、スイッチのキートップを真っすぐに押す必要があり、斜め押しをすると操作感が変化するという課題があった。新製品では、同社独自のステム構造を採用。1.7N(JPM1991-0411F)もしくは2.4N(JPM1991-0611F)の軽荷重により、斜め押しや端押し動作に対応できる。

 定格電流は50mA、定格電圧は12V。作動量は0.17mm±0.1mmで、動作寿命は20万回。最大4度の斜め押しでも操作荷重が変化せず、自由度の高い製品設計が可能になるとしている。

 2017年10月に量産を開始し、月間100万個の生産を予定している。サンプル価格は1個50円となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.