ニュース
» 2017年08月07日 09時00分 UPDATE

マキシム MAX77650/MAX77651:スタンバイ電流0.3μAのパワーマネジメントIC

Maxim Integrated Products(マキシム インテグレーテッド プロダクツ)は、リチウムイオンバッテリー向けの小型パワーマネジメントIC「MAX77650」と「MAX77651」を発表した。スタンバイ電流を0.3μAに抑えている。

[EDN Japan]

総ソリューションサイズ19.2mm2

 Maxim Integrated Products(マキシム インテグレーテッド プロダクツ)は2017年7月、リチウムイオンバッテリー向けの小型パワーマネジメントIC(PMIC)「MAX77650」と「MAX77651」を発表した。現在出荷中で、1000個購入時の単価は1.99米ドル。評価キット「MAX77650EVKIT#」「MAX77651EVKIT#」も提供しており、単価は193.63米ドルとなる。

リチウムイオンバッテリー向けの小型パワーマネジメントIC「MAX77650」「MAX77651」

 両製品は、リチウムイオン用に最適化されたチャージャー、単一インダクターマルチ出力(SIMO)バックブーストレギュレーター、3チャネル電流シンクドライバー、電力監視用のアナログマルチプレクサ出力などを集積している。SIMOバックブーストレギュレーターは、単一のインダクターから個別に設定可能な3つの電力レールを提供。これにより部品数を削減し、ソリューションサイズを最小限に抑えることができる。

 動作電流は5.6μAで、スタンバイ電流は0.3μA。150mAのLDOにより、オーディオやノイズに敏感なアプリケーションにリップル除去を提供する。急速充電電流は7.5〜300mA、バッテリー安定化電圧は3.6〜4.6V、完了電流は0.375〜45mAの範囲で設定が可能だ。

 パッケージは2.75×2.15×0.7mmのWLPを採用し、総ソリューションサイズを19.2mm2と既存の部品の組み合わせの2分の1に抑えた。同社では、Bluetoothヘッドフォンやアクティビティーモニター、スマートウォッチなど、サイズに制約のある機器で活用できるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.