ニュース
» 2017年08月29日 09時00分 UPDATE

STマイクロ IoT機器向けセキュリティソリューション:IoT向けセキュリティソリューションの提供で協業

STマイクロエレクトロニクスは、韓国Security Platformと協業し、標準セキュリティ規格に準拠した認証用IC「STSAFE-TPM」と、組み込みセキュリティソフトウェア「Axio-OS」「Axio-RA」を組み合わせたセキュリティソリューションを提供する。

[EDN Japan]

サイバー攻撃に対する耐性を強化したソリューション

 STマイクロエレクトロニクスは2017年8月、組み込みセキュリティソフトウェアを手掛ける韓国Security Platformと協業すると発表した。両社のハードウェアとソフトウェアを組み合わせ、サイバー攻撃に対する耐性を強化したIoT(モノのインターネット)機器向けのセキュリティソリューションを提供する。

 今回の協業では、標準セキュリティ規格に準拠したSTマイクロエレクトロニクスの認証用IC「STSAFE-TPM」と、Security Platformの組み込みセキュリティソフトウェア「Axio-OS」「Axio-RA」を組み合わせ、容易に使用可能なIoT向けセキュリティソリューションの提供を目指す。

STマイクロエレクトロニクスの認証用IC「STSAFE-TPM」と、Security Platformの組み込みセキュリティソフトウェア「Axio-OS」「Axio-RA」

 STSAFE-TPMは、耐タンパ性、メモリ保護、データ監視などの技術を採用し、システム認証に必要な暗号鍵などのデータを安全に保存できる機能を持つ。Trusted Computing Group(TCG)のTPM1.2やTPM2.0のプロテクションプロファイル、ITセキュリティのCommon Criteria Level 4+(CC EAL4+)認証、米連邦情報処理基準(FIPS)140-2などのセキュリティ標準に準拠するTrusted Platform Module(TPM)だ。

 Security PlatformのAxio-OSセキュアオペレーティングシステムと検証ソリューションAxio-RAリモートアテステーションは、離れたサーバから機器のハッシュ情報を検証し、完全性への侵害の有無を確認する。複製や偽造に対する保護や機器の認証、メッセージの署名、適切な署名コードのみを使用するセキュリティアップデートなどの処理も実施する。

 両社では、協業によるセキュリティソリューションの提供に加え、ユーザーが既存のSTSAFE-TPM ICとAxio-OS、Axio-RAソフトウェアを組み合わせて活用できるようにする。Axio-OSとAxio-RAは、ボードとチップセットで構成された開発キットをSecurity Platformから入手できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.