ニュース
» 2017年09月04日 09時00分 公開

アンリツ MT8821C:LTE-Advanced 6CAの最大スループット試験に成功

アンリツは、同社のラジオコミュニケーションアナライザ「MT8821C」とSamsung ElectronicsのLTEチップセットを用いて接続検証を実施し、LTE-Advanced 6CAで256QAMを使用した際の最大スループットとなる1.2Gビット/秒での試験に成功した。

[EDN Japan]

1.2Gビット/秒での試験に成功

 アンリツは2017年8月、同社のラジオコミュニケーションアナライザ「MT8821C」とSamsung ElectronicsのLTEチップセットを用いて、接続検証を実施したと発表した。この検証で、LTE-Advanced 6CAで256QAMを使用した際の最大スループットとなる1.2Gビット/秒での試験に成功した。

ラジオコミュニケーションアナライザ「MT8821C」

 CA(Carrier Aggregation:キャリアアグリゲーション)は、複数のコンポーネントキャリアを束ねて広帯域を確保し、LTEの通信速度を高速化する技術。現在、日本の携帯電話キャリアなどでは、3CAのLTE-Advancedが運用されている。一方、2019年のサービス開始を目標とする5G(第5世代移動通信システム)へ移行するため、ギガビットクラスの通信が可能なLTE-Advancedの導入が計画されている。

 Samsung Electronicsでは、256QAMの変調、復調方式によるLTE-Advanced 6CAの開発を進めており、その開発パートナーであるアンリツの各種測定器を採用している。今回、6CA技術についても、アンリツのMT8821Cを用いた検証において1.2Gビット/秒での試験に成功。これを受けて、LTE-Advanced 6CAチップセット開発用測定器としてMT8821Cを採用することとなった。

 MT8821Cは、スマートフォン、タブレット、セルラーIoT(モノのインターネット)およびM2M(Machine-to-Machine)チップセットなどの開発用測定器。LTE、LTE-Advanced、LTE-U、LAA、3Gや2Gシステムに対応した端末、チップセットのRF送受信試験、スループット試験が行える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.