ニュース
» 2017年09月20日 09時00分 公開

Intersil ISL32741Eなど:IIoT向け絶縁型RS-485差動バストランシーバー

Intersil(インターシル)は、産業用モノのインターネット(IIoT)ネットワーク向けに、絶縁型RS-485差動バストランシーバー「ISL32741E」「ISL32740E」ファミリーを発表した。データレート40Mビット/秒の双方向データ伝送を可能にしている。

[EDN Japan]

データレート40Mビット/秒の高速データ伝送

 Intersil(インターシル)は2017年8月、産業用モノのインターネット(IIoT)ネットワーク向けに、絶縁型RS-485差動バストランシーバー「ISL32741E」「ISL32740E」ファミリーを発表した。データレート40Mビット/秒の双方向データ伝送を可能にしている。1000個購入時の単価は3.79〜4.79米ドルで、評価ボードは99米ドルで提供する。

 両製品は、ガルバニック絶縁機能を可能にする巨大磁気抵抗(GMR)技術により、電気的ノイズの多い環境で発生するコモンモードノイズから通信バスを保護する。パルススキューは5ナノ秒で、伝播遅延時間は20ナノ秒。3〜5Vの電源に対応し、超低放射エミッションやEMI感受性、125℃までの拡張温度範囲、1ユニットロード特性によるバス上最大160デバイス接続などの特徴を備えた。

絶縁型RS-485差動バストランシーバー「ISL32741E」「ISL32740E」ファミリー

 4万4000年のバリア寿命を提供する他、サーマルシャットダウン保護機能により、バス競合が原因の損傷や過電流を防止する。非絶縁制御サイドは、3Vのマイクロコントローラーに直接接続できる。一方、絶縁バスサイドを5V電圧電源へ接続すれば、100m以上の距離でバス信号の通信が可能だ。

 絶縁電圧はISL32741Eが6kVRMS、ISL32740Eが2.5kVRMSで、動作電圧はそれぞれ1000VRMS、600VRMS。ISL32741Eは12.8kVのサージ耐性を備え、要求の厳しい医療用途や高速モーター制御アプリケーションに対応する。

 16ピンのQSOPまたはSOIC-Wパッケージで提供され、電磁適合性(EMC)規格EN 50081/EN 50082-2や情報技術装置(ITE)向けの包括的なライン電圧規格EN 61000に準拠している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.