ニュース
» 2017年09月25日 09時00分 公開

シリコンラボ Si72xx:耐タンパ性能を強化したホール効果磁気センサー

シリコン・ラボラトリーズは、産業機器、家電、自動車設計向けに電力効率や感度、耐タンパを強化した、ホール効果磁気センサー「Si72xx」ファミリーを発表した。スリープ時の電流は100nA未満となる。

[EDN Japan]

スリープ時の電流100nA未満

 シリコン・ラボラトリーズは2017年9月、産業機器、家電、自動車設計向けに電力効率や感度、耐タンパを強化した、ホール効果磁気センサー「Si72xx」ファミリーを発表した。「Si720x」「Si721x」「Si7210」の3種をそろえ、3ピンないし5ピンのSOT-23パッケージで提供する。

 スリープ時の電流は100nA未満で、サンプリングレート5Hzでは400nA未満で動作する。低電力により、小さいサイズのバッテリーでも数年から10年の寿命を確保できる。また、1.1mTの動作磁束密度(Bop)により、検出範囲を2倍以上、設計内の磁気を 50〜80%拡張できる。

「Si72xx-WD-KIT」

 他に、セキュリティのバイパスを検出するためのタンパ検知しきい値や、±1℃単位で測定する温度センサーを搭載。組み込みのセルフテストモードにより、センサーの継続的かつ正確な動作を確保できる。

 Si720xは、デジタル出力スイッチとラッチ機能を備え、定期的なオン、オフ信号と磁場の変更を必要とするニーズに対応する。また、Si721xは、位置検出用途の線形出力装置を搭載。Si7210はI2Cインタフェースを備え、容易に設定、測定、制御が行える。

 自動車用途のAEC-Q100規格に適合しており、過酷な産業環境に対応する高い耐久性を備えた。現在、サンプルおよび量産出荷中で、6種類の評価用ボードやホイールデモキット「Si72xx-WD-KIT」も提供している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.