ニュース
» 2017年09月26日 09時00分 公開

村田製作所 DFE18SBN_E0:直流抵抗120mΩのメタルアロイ型パワーインダクター

村田製作所は、従来製品に比べて直流抵抗を低減した、メタルアロイ型のパワーインダクター「DFE18SBN_E0」シリーズを発表した。定格電流は2.3Aで、直流抵抗は120mΩとなる。

[EDN Japan]

直流抵抗を144mΩから120mΩに低減

 村田製作所は2017年9月、従来製品に比べて直流抵抗を低減した、メタルアロイ型のパワーインダクター「DFE18SBN_E0」シリーズを発表した。現在量産中で、小型化、高密度化、高機能化が進むスマートフォンなどモバイル機器の電源での用途を見込む。

 メタルアロイパワーインダクターは、金属粉(メタル)を使った磁性材料「メタルアロイ」と巻線を一体成型し、電極を形成した構造を採用。大電流に対応し、優れた耐磁気飽和特性と温度特性を備えている。

メタルアロイパワーインダクター「DFE18SBN_E0」シリーズ

 DFE18SBN_E0シリーズでは、金属磁性材料に独自の改善を施し、従来製品の「DFE18SA」シリーズに比べて直流抵抗を低く抑えた。DFE18SAシリーズの定格電流2.0A、直流抵抗144mΩに対し、DFE18SBN_E0シリーズは定格電流2.3A、直流抵抗120mΩに低減している。

 1.6×0.8×0.8mmの1608サイズで、メタルアロイ型としては世界最小サイズになるという(同社)。絶対最大電圧は20V、使用温度範囲(自己温度上昇含む)は−40〜125℃となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.