ニュース
» 2017年09月27日 09時00分 公開

富士通エレ MSB1047-LBSV-ES:BLE 4.2対応の小型ビーコンモジュール

富士通エレクトロニクスは2017年9月、Bluetooth Low Energy(BLE)4.2に準拠したビーコンモジュール「MSB1047-LBSV-ES」を発表した。富士通のメッシュネットワークプロトコル「WisReed」を搭載している。

[EDN Japan]

メッシュネットワークプロトコルを搭載

 富士通エレクトロニクスは2017年9月、Bluetooth Low Energy(BLE)4.2に準拠したビーコンモジュール「MSB1047-LBSV-ES」を発表した。富士通のメッシュネットワークプロトコル「WisReed(ウィズリード)」を搭載している。2017年度第4四半期に製品化の予定で、サンプル提供を同年9月下旬に開始する。

 サイズは33.0×33.0×5.0mm、質量は10g(電池を除く)と小型・軽量。リチウム電池「CR2032」で駆動する。チップアンテナを搭載し、約30mの通信距離に対応する。基板上にコイン形電池を搭載するため、別電源がなくても使用できる。

BLE対応小型ビーコンモジュール「MSB1047-LBSV-ES」(サンプル)

 WisReedを搭載したことで、ビーコンデータをメッシュネットワーク化し、広範囲のデータ収集やビーコンと接続した機器を制御できる。ビーコンモジュールの追加や削減時のネットワーク構成を自動で再構築し、ユーザーによる設定作業は必要ない。

 GPIO、SPI、I2Cインタフェース用のスルーホールを備え、センサーなどの各種デバイスを接続できる。オプションとして、チップLED、圧電ブザー、タクトスイッチを基板上に搭載することも可能だ。

 主に、位置情報管理システムのセンサーや環境センシング、屋内機器の集中制御システム、荷物の紛失防止システム用のタグなどでの利用を見込む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.