ニュース
» 2017年10月17日 09時00分 公開

アナログ・デバイセズ LTM8065:最大40V入力の降圧レギュレーター

アナログ・デバイセズは、最大40V入力の降圧レギュレーター「LTM8065」を発売した。入力電圧範囲は3.4〜40Vと広く、ノイズが多く安定化されていない12〜36Vの入力電源でも安全に動作する。

[EDN Japan]

調整可能な0.97〜18Vの出力電圧

 アナログ・デバイセズは2017年10月、最大40V入力の降圧レギュレーター「LTM8065」を発売した。産業用ロボットや医療、FA、航空電子システムなど、ノイズが多く安定化されていない12〜36Vの入力電源でも安全に動作する。1000個購入時の参考価格は7.75米ドルから。6.25×6.25×2.32mmの小型BGAパッケージで提供する。

最大40V入力の降圧レギュレーター「LTM8065」

 入力電圧範囲は3.4〜40V、絶対最大定格は42Vで、出力電圧は1本の抵抗を使って0.97〜18Vの範囲で調整できる。出力電圧範囲が広く汎用性が高いため、単独で3.3V、5V、12V、15Vの一般的なシステムバス電圧を生成可能だ。

 最大85℃までの周囲温度で、12V入力から5Vの負荷に2.5Aの連続出力電流を供給する。ピーク出力電流は3.5A。スイッチング周波数は、外付け抵抗を用いて200k〜3MHzの範囲で調整できる。また、200k〜3MHzの外部クロックにも同期可能で、特定の周波数範囲内または範囲外で動作できる。

 動作モードは、Burst Mode動作、パルススキップモード、スペクトラム拡散変調付きパルススキップモード、外部同期モードの4つを搭載。Burst Mode動作時の自己消費電流は8μAのため、バッテリー駆動システムに適している。動作温度範囲は、−40〜125℃となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.