ニュース
» 2017年10月23日 09時00分 公開

ローデ・シュワルツ R&S ZNL/R&S FPL1000:各種RF測定に対応した小型アナライザー

ローデ・シュワルツ・ジャパンは、各種RF測定に対応したネットワークアナライザー「R&S ZNL」と、スペクトラムアナライザー「R&S FPL1000」を発売した。設置面積は408×235mm、重さは6〜8kgで、屋外でも使用できる。

[EDN Japan]

5k〜3GHzの周波数範囲に対応

 ローデ・シュワルツ・ジャパンは2017年10月、各種RF測定に対応したネットワークアナライザー「R&S ZNL」と、スペクトラムアナライザー「R&S FPL1000」を発売した。アンテナ、アッテネーター、フィルター、アンプなどのコンポーネントの特性、スペクトル測定、アナログ、デジタル信号の復調、正確な電力測定などをサポートする。

 両製品の設置面積は408×235mm、重さは6〜8kgで、持ち運び用のハンドルとオプションのバッテリーを装備し、屋外でも使用できる。計測器に10.1型WXGAのタッチスクリーンを搭載しており、中心周波数と基準レベルのスパンや振幅測定範囲をズームして設定できる。他に、チャンネルパワー、隣接チャンネル漏えい比(ACLR)、S/N比、スプリアス、高調波ひずみ、3次インターセプトポイント(TOI)、AM変調深度などの機能も搭載した。

 R&S ZNLは、5k〜3GHzまたは6GHzの周波数範囲に対応する。ダイナミックレンジは最大130dB、出力パワーは−40〜3dBmで、測定速度は16.7ミリ秒。標準機能として、エンベディング、ディエンベディング、フィクスチャ補正、タイムドメイン測定、自動校正ユニットをサポートする。

ネットワークアナライザー「R&S ZNL」

 また、同社のパワーセンサー「R&S NRP」とスペクトラム解析オプションを追加することで、ネットワークアナライザー、スペクトラムアナライザー、パワーセンサーの3つの計測器を1台に搭載可能になる。

 R&S FPL1000は、5k〜3GHzの周波数範囲をカバーする。オプションのプリアンプにより、10kHzオフセット(キャリア1GHz)で−108dBcの位相ノイズと−167dBmの平均雑音レベルを可能とし、優れたRF性能を提供する。

スペクトラムアナライザー「R&S FPL1000」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.