ニュース
» 2017年10月26日 09時00分 公開

オンセミ AS0140、AS0142:車載カメラ向けの1.0MピクセルCMOSイメージセンサー

オン・セミコンダクターは、車載カメラ向けに、1.0MピクセルのCMOSイメージセンサー「AS0140」「AS0142」を発表した。イメージセンサーとプロセッシング機能を低電力SoC(System on Chip)に統合している。

[EDN Japan]

イメージセンサーとプロセッシング機能を統合

 オン・セミコンダクターは2017年10月、車載カメラ向けに、1.0MピクセルのCMOSイメージセンサー「AS0140」「AS0142」を発表した。イメージセンサーとプロセッシング機能を低電力SoC(System on Chip)に統合し、個別のセンサーとプロセッサで構成する場合に比べて基板面積を30%以上削減できる。

CMOSイメージセンサー「AS0140」「AS0142」

 両製品は1/4型フォーマットのデバイスで、フル解像度で45フレーム/秒(fps)、720pで60fpsをサポートする。ひずみ補正やマルチカラーオーバーレイ、アナログ(NTSC)およびデジタル(イーサネット)インタフェースなどの機能を備えた。

 適応型ローカルトーンマッピング(ALTM)を使用し、画像処理プロセスに影響するノイズを除去して画質を向上できる。ダイナミックレンジは93dBで、高照度から低照度のアプリケーションで効果的に動作する。

 電力効率にも優れ、高ダイナミックレンジ(HDR)モードにおいて30fpsで動作する場合の消費電力は530mW。−40〜105℃の温度範囲で動作し、車載向けのAEC-Q100規格にも準拠した。

 現在、エンジニアリングサンプルを提供中で、量産時期はAS0140が2017年第4四半期、AS0142が2018年第1四半期を予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.