ニュース
» 2017年11月01日 09時00分 公開

キーサイト N7018A:Type-Cの自動検証を可能にするテストコントローラー

キーサイト・テクノロジーは、USB Type-C搭載デバイスのステートや対応規格を自動制御する、Type-Cテストコントローラー「N7018A」を発表した。USB 3.1、Thunderbolt 3、DisplayPortのType-Cに対する自動検証を可能としている。

[EDN Japan]

複数規格の自動切り替えに対応

 キーサイト・テクノロジーは2017年10月、USB Type-C搭載デバイスのステートや対応規格を自動制御する、Type-Cテストコントローラー「N7018A」を発表した。USB 3.1、Thunderbolt 3、DisplayPortのType-Cに対する自動検証を可能としている。

Type-Cテストコントローラー「N7018A」

 N7018Aは、希望する電源ステート、フリップの向き、オルタネートモードにデバイスを設定できる。USB、DisplayPort、Thunderboltなど、複数規格の自動切り替えにも対応。シーケンシングソフトウェアにより、人による常時監視を必要としない自動試験を可能にした。

 また、電力を最大100W、デバイスをDisplayPortとThunderboltのオルタネートモード(代替モード)に設定できる。Type-CインタフェースのCC、VBUS、SBUラインの制御とアクセスを可能にし、迅速な起動とデバッグを保証する。オルタネートモード時にはSBUラインにルーティングし、USB3.1デバイスの制御時は低周波周期信号を供給することでテストデバイスを完全制御する。

 N7018Aを備えたコンプライアンス製品の最新バージョンは、USB 3.1トランスミッターコンプライアンスソフトウェア「U7243C」、DisplayPortトランスミッターコンプライアンスソフトウェア「U7232E」、Thunderbolt 3トランスミッターコンプライアンスソフトウェア「N6470B」、自動コンプライアンスデバイス特性テスト「N5990A」(オプション006、007、204)など。N7018Aを統合したことで、特性評価と検証テストを完全自動化できるという。

使用イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.