ニュース
» 2017年11月22日 09時00分 公開

インターシル ISL70321SEH、ISL73321SEH:宇宙仕様向け耐放射線クアッド電源シーケンサー

インターシルは、高性能FPGAや複雑なマルチレール電源システム向けのPOLレギュレーターを駆動する、耐放射線クアッド電源シーケンサー「ISL70321SEH」「ISL73321SEH」を発表した。

[EDN Japan]

600mV±1.5%の高精度電圧監視

 インターシルは2017年11月、高性能FPGAや複雑なマルチレール電源システム向けのPOLレギュレーターを駆動する、耐放射線クアッド電源シーケンサー「ISL70321SEH」「ISL73321SEH」を発表した。同社によると、シングルイベント効果(SEE)軽減テストと放射線保証テストにより性能が裏付けられた、初の宇宙仕様向けシーケンサーになるという。

耐放射線クアッド電源シーケンサー「ISL70321SEH」「ISL73321SEH」

 単体で最大4個の電源のシーケンシングが可能で、複数個をカスケード接続すれば無限数の電源をシーケンシングできる。動作電圧は3〜13.2V。入力スレッショルド電圧が600mV±1.5%(全温度、電源、放射線範囲)の入力コンパレーターを内蔵し、高精度な電圧監視と信頼性の高いシステム動作を可能にしている。また、7つの異なる故障条件を監視し、包括的な故障検出機能を備えた。

 ISL70321SEHは100krad(Si)の高線量率と75krad(Si)の低線量率、ISL73321SEHは75krad(Si)の低線量率で放射線保証テストを完了している。周囲温度は−55〜125℃、ジャンクション温度(TJ)は−55〜150℃。内部リニアバイアスレギュレーターの駆動能力は45mAで、設計時にこのピンへのイネーブルプルアップ抵抗の接続が可能。これにより、外付けバイアス電圧が不要になった。

 必要な外付け部品は、電圧監視向けに電源1個あたり抵抗2個、立ち上がりと立ち下がり遅延のプログラミング向けに抵抗1個のみとなる。10×12mmの18ピンCDFPパッケージまたはダイの形で供給され、既に出荷を開始している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.