ニュース
» 2017年11月24日 09時00分 公開

マイクロチップ AT21CS11:動作電圧範囲2.7〜4.5Vの単線式2ピンEEPROM

マイクロチップ・テクノロジーは、2.7〜4.5Vの動作電圧に対応する、単線式2ピンEEPROM「AT21CS11」を発表した。1KビットのEEPROMメモリ(256ビット×4セクタ)、64ビットのシリアル番号、128ビットの追跡用メモリを集積している。

[EDN Japan]

製品保証や偽造品防止に活用が可能

 マイクロチップ・テクノロジーは2017年11月、2.7〜4.5Vの動作電圧に対応する、単線式2ピンEEPROM「AT21CS11」のサンプル出荷と量産出荷を開始した。同社の単線式EEPROMの第2弾となる製品で、動作電圧を4.5Vまで拡張したことにより、使い捨て医療機器や電子タバコなど、リチウムイオンバッテリー動作機器に活用できる。

単線式2ピンEEPROM「AT21CS11」

 1KビットのEEPROMメモリ(256ビット×4セクタ)、64ビットのシリアル番号、128ビットの追跡用メモリを集積している。最終製品メーカーは、これら5つのメモリセクションを個別に永久ロックし、製品の追跡や付属品の識別用として活用できる。正規アクセサリー品のみを許可して製品を正常動作させることが可能になるため、製品保証や偽造品防止に適している。

 追跡用メモリは、ユーザーによる書き込みが可能。同メモリを使用すると、一意の識別番号と動作パラメーターを電子機器本体とは別の場所に追加できる。また、SI/O(Single Input/Output)線でシステムに接続し、このピンで通信とデバイスへの電力供給を行う。他に必要となるのはグランドピンのみとなる。

 8ピンSOIC、3ピンSOT23、2パッドXSFN、4ボールThin CSPパッケージで供給される。同社では、AT21CS01、AT21CS11単線式評価キットも提供している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.