ニュース
» 2017年12月06日 09時00分 公開

日本TI MSP430:25種類の機能を備えたセンシング向けマイコン

日本テキサス・インスツルメンツは、低消費電力マイコン「MSP430」に、単価0.25米ドルの「MSP430FR2000」(メモリ容量0.5Kバイト)と「MSP430FR2100」(同1Kバイト)を追加した。

[EDN Japan]

単価0.25米ドルで25種類の機能を提供

 日本テキサス・インスツルメンツは2017年11月、センシングアプリケーション向けの低消費電力マイコン「MSP430」に、単価0.25米ドルの「MSP430FR2000」(メモリ容量0.5Kバイト)と「MSP430FR2100」(同1Kバイト)を追加した。低価格ながら、タイマーや入出力(I/O)エキスパンダー、システムリセットコントローラー、EEPROMなど25種類の機能を提供する。

低消費電力マイコン「MSP430」のイメージ

 両製品は、最大16MHzの16ビットRISCアーキテクチャを採用。複数のコード例を含むライブラリを用いて、25種類の機能を柔軟にカスタマイズできる。電源電圧は1.8〜3.6Vで、消費電力はアクティブモードで120μA/MHz(3V時)。0.5K〜1KバイトのFRAMユニファイドメモリを搭載する他、拡張USCI A(eUSCI_A)によりUART、IrDA、SPIなどをサポートする。

 1000個購入時の単価は0.29米ドルで、大量受注時は単価0.25米ドルで提供する。また、LaunchPad開発キット「MSP430FR2433(MSP-EXP430FR2433)」を単価9.99米ドルで提供するが、同年12月31日までは4.30米ドルで販売する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.