ニュース
» 2017年12月08日 09時00分 公開

アンリツ NB-IoT測定ソフトウェア:NB-IoT機器のRF試験に対応する測定ソフトウェア

アンリツは、NB(Narrow Band)-IoT機器のRF試験を可能にするNB-IoT測定ソフトウェア3種を発売した。同社のユニバーサルワイヤレステストセット「MT8870A」に実装することで、最大4台のNB-IoT機器、モジュールのRF送受信特性を自動で評価できる。

[EDN Japan]

最大4台のNB-IoT機器、モジュールを自動で評価

 アンリツは2017年11月、NB(Narrow Band)-IoT機器のRF試験を可能にする、NB-IoT測定ソフトウェアを発売した。NB-IoT Uplink 送信測定「MX887067A」、NB-IoT Downlink 波形ファイル「MV887067A」、フル自動測定プログラムの3種で、これらを同社のユニバーサルワイヤレステストセット「MT8870A」に実装することで、最大4台のNB-IoT機器、モジュールのRF送受信特性を自動で評価できる。

ユニバーサルワイヤレステストセット「MT8870A」

 MT8870Aは、各種無線通信機器およびモジュールの量産用測定器。本体シャシーに4つの高性能テストユニットを搭載でき、最大4台の無線通信機器、モジュールを同時に評価できる。

 同測定器に今回発売した3種のソフトウェアを実装することで、送信電力、周波数、変調精度、受信感度など、3GPP NB-IoT RFテスト仕様に準拠した試験が自動で行える。従来の2G、3G、LTE、LTE-Advanced、無線LAN、Bluetooth、GPS、FMの評価に加え、NB-IoTに対応したことで、複数の無線システムを同時に試験可能になった。

 NB-IoTは、LTE-Advanced Proに含まれるセルラーIoT規格で、日本では2018年の導入が予定されている。NB-IoT機器の測定を自動化するには、試験対象機器が搭載する各種チップセットを制御するプログラムの開発が必要だった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © 2005 - 2017 ITmedia Inc. All rights reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.