メディア
ニュース
» 2018年01月12日 09時00分 公開

IDT 8V19N474、8V49NS0x12:低ノイズジッタ減衰器とクロックシンセサイザ

IDTは、40G、100G、400Gイーサネットタイミングアプリケーション向けに、優れた位相ノイズ性能を備えたジッタ減衰器「8V19N474」とクロックシンセサイザ「8V49NS0x12」を発表した。

[EDN Japan]

従来比最大20フェムト秒低い位相ジッタ

 IDTは2017年12月、40G、100G、400Gイーサネットタイミングアプリケーション向けに、優れた位相ノイズ性能を備えたジッタ減衰器「8V19N474」とクロックシンセサイザ「8V49NS0x12」を発表した。競合製品に比べて最大20フェムト秒低い位相ジッタにより、ビット誤り率(BER)を減らす設計マージンを提供する。

ジッタ減衰器「8V19N474」とクロックシンセサイザ「8V49NS0x12」

 8V19N474は、156.25MHzクロック信号の12k〜20MHzまでの積分範囲において、75フェムト秒 RMSの低位相ジッタ性能を可能にした。LDOレギュレーターを内蔵するため、効率的なスイッチング電源を利用でき、部品数(BOM)を抑えてシステムの放熱を低減する。

 また、冗長性のある入力クロックアーキテクチャにより、スイッチングを処理する外部ロジックデバイスを不要とし、IEEE1588規格を満たしながら部品コストを削減できる。

 8V49NS0x12は、出力方式をLVDS、LVPECL、HCSLから選択できる。他に、タイミング設定を外部EEPROMからロードするタイプも用意した。最大4つのデフォルト周波数設定をサポートし、ピンストラップ形式のため、複数の設計で再利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.