ニュース
» 2018年01月19日 09時00分 公開

マキシム MAX17843:ASIL D準拠のバッテリー管理システム

Maxim Integrated Productsは、自動車分野向けの機能安全規格「ISO 26262」の最も厳しい安全レベル「ASIL D」の要件に準拠した、バッテリー管理システム「MAX17843」を発表した。

[EDN Japan]

ASIL D、ASIL Cの要件に適用可能

 Maxim Integrated Products(マキシム・インテグレーテッド)は2018年1月、自動車分野向けの機能安全規格「ISO 26262」の最も厳しい安全レベル「ASIL D」の要件に準拠した、バッテリー管理システム「MAX17843」を発表した。12チャネルの高電圧スマートセンサーデータ収集デバイスで、さまざまな車載およびEVパワートレインアプリケーションに適用できる。

バッテリー管理システム「MAX17843」のイメージ

 ISO 26262およびASIL D、ASIL Cに加え、設計と管理プロセスに関してTUV認定を取得しており、さまざまなBCI要件に適合する。これにより、包括的な診断機能を備えた。

 容量性絶縁を用いた差動汎用非同期送受信機(UART)を内蔵し、BOMコストや時間当たりの平均故障回数率を低減する。他の競合製品に比べ、絶縁にかかるBOMコストを最大90%削減できる。

 同社独自のデイジーチェーンアーキテクチャと逐次比較型(SAR)のA-Dコンバーターを搭載しており、高速で高精度な電圧測定値をキャプチャーし、高いEMC性能を可能にした。

 動作温度範囲は−40〜125℃で、10×10mmの64ピンLQFPパッケージで供給される。1000個購入時の単価は7.61米ドル。評価キット「MAX17843EVKIT#」は1000米ドルで提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.