ニュース
» 2018年01月22日 09時00分 公開

日本モレックス Pico-EZmate Slim:嵌合高さ1.2mmの電線対基板コネクターシステム

日本モレックスは、垂直嵌合(かんごう)のニーズに対応する、電線対基板用コネクターシステム「Pico-EZmate Slim」を発表した。嵌合高さ1.2mmの低背設計により、狭小空間での組み立て時間を短縮できる。

[EDN Japan]

垂直方向の嵌合に対応

 日本モレックスは2018年1月、垂直嵌合(かんごう)のニーズに対応する、電線対基板用コネクターシステム「Pico-EZmate Slim」を発表した。嵌合高さ1.2mmの低背設計により、狭小空間での組み立て時間を短縮できる。

電線対基板用コネクターシステム「Pico-EZmate Slim」

 Pico-EZmate Slimは、基板用ヘッダー、ハウジング、圧着ターミナルから構成される。ワイヤハーネスを横からではなく、上からはめこむ垂直方向の嵌合に対応。また、極性キーの採用により、方向の誤りや誤嵌合の可能性が少なく、高速で確実な嵌合を可能にした。

 最大電圧は50Vで、最大定格電流はAWG#28では2.5A、AWG#30では2.0A。動作温度は−25〜85℃に対応する。

 同社では、より小型、低背な実装部品が求められるスマートフォンやタブレット、ポータブルゲーム機、電子たばこなどの電子機器での用途を見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.