メディア
ニュース
» 2018年01月25日 10時00分 公開

TDK MAFシリーズ:LED照明向け、積層タイプノイズ除去フィルター

TDKは、LED照明向けに積層タイプのノイズ除去フィルター「MAFシリーズ」を開発した。従来の巻き線タイプと同等のノイズ抑制効果を実現しつつ、体積は約2分の1に小型化されている。

[村尾麻悠子,EDN Japan]

積層タイプで、巻き線タイプと同等のノイズ抑制効果

 TDKは2018年1月23日、LED照明向けに積層タイプのノイズ除去フィルター「MAFシリーズ」を開発し、量産を開始したと発表した。

 省電力のLED照明は普及が進んでいるが、より付加価値を高める、さらなる低消費電力化を図るべく、スマートフォンなどの端末で照明を制御するといったシステムの開発も進んでいる。そのため、LED照明から発生するノイズ対策の重要性がますます高まっている。同時に、LED照明の基板サイズが小さくなることによる、電子部品の小型化のニーズも根強くある。

 MAFシリーズは、AC-DC変換後の回路に挿入することで、特に20M〜100MHzの放射ノイズ対策に大きな効果が得られるという。巻き線タイプの従来品に比べ、体積が約2分の1になるにもかかわらず、同等のノイズ抑制効果を得られる。使用温度範囲は−40〜125℃と広い。

積層タイプのノイズ除去フィルター「MAFシリーズ」

 今回開発したMAFシリーズは、インピーダンスが1MHzにおいて60Ω、30MHzにおいて3400Ω。直流抵抗は標準で0.28Ω、最大で0.36Ω。定格電流は最大で500mAとなっている。サンプル単価は30円。月産500万個の規模で量産を開始している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.