ニュース
» 2018年01月26日 09時00分 公開

村田製作所 RHSシリーズ:175℃、200℃対応の車載用積層セラコン

村田製作所は、高温用途に対応する自動車用リードタイプ積層セラミックコンデンサー「RHS」シリーズを拡充し、200℃対応の100Vdc定格品と175℃対応の100Vdc定格品を発表した。

[EDN Japan]

自動車のエンジンルーム周辺など高温環境に対応

 村田製作所は2018年1月、高温用途に対応する自動車用リードタイプ積層セラミックコンデンサー「RHS」シリーズを拡充し、200℃対応の100Vdc定格品と175℃対応の100Vdc定格品を発表した。200℃対応品は同月から、175℃対応品は同年2月以降に量産を開始する。サンプル価格は200円となる。

自動車用リードタイプ積層セラミックコンデンサー「RHS」シリーズ

 RHSシリーズでは、独自開発の高耐熱樹脂によって高耐熱積層セラミックコンデンサーをコーティングし、最高200℃の使用温度を可能にした。これにより、車載電装部品に求められる信頼性試験規格「AEC-Q2002」と、車載電装機器からの発生ノイズに対する耐性確認試験規格「ISO7637-2」の過渡サージ試験に対応している。

 静電容量は、175℃対応品が4700pF〜0.22μF、200℃対応品が100pF〜0.01μF。サイズはいずれも3.8×3.5mm、4.0×3.5mm、5.5×4.0mmの3種類を用意する。リード線付きタイプのため、溶接やカシメでノイズ発生源の近くに接続できる。

 同社では今後、エンジンルーム内などの高温環境に搭載される機器向けに、拡販を進める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.