ニュース
» 2018年01月29日 09時00分 公開

オンセミ SPSDEVK1:SPS導入のためのセンシングソリューションキット

オン・セミコンダクターは、同社のスマートパッシブセンサー(SPS)を迅速に導入できるセンシングソリューションキット「SPSDEVK1」を発表した。プラグアンドプレイに対応し、さまざまなIoT(モノのインターネット)アプリケーションのデータを測定、集約、分析できる。

[EDN Japan]

バッテリー不要のSPSが迅速に導入可能に

 オン・セミコンダクターは2018年1月、IoT(モノのインターネット)アプリケーション向けに、同社のスマートパッシブセンサー(SPS)を迅速に導入できるセンシングソリューションキット「SPSDEVK1」を発表した。プラグアンドプレイに対応し、さまざまなIoTアプリケーションのデータを測定、集約、分析できる。

センシングソリューションキット「SPSDEVK1」

 SPSDEVK1は、UHF SPSリーダーハブ(SPSDEVR1-8)、8個のUHFアンテナ(SPS1DEVA1-W)、50個の温度センサー(SPS1T001PCB)、12VのDC電源、イーサネットケーブルで構成される。また、SPSの読み取り専用に開発された「TagReader」ソフトウェアも含まれる。

 TagReaderソフトウェアは、接続しているタグの種類を自動的に検知し、時間の経過ごとのセンサーデータをグラフィック形式で読み込む。GUIを使用することで、測定プロセスに関連する全てのシステムパラメーターを必要に応じて設定および再設定できる。

 同キットの活用により、複数のベンダーからIoTソリューションを調達する必要がなくなる。さらに、SPSセンサーを導入することで、NFCでは困難だった長距離での読み取りが可能になるため、バッテリーが不要になるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.