ニュース
» 2018年01月30日 09時00分 公開

ローデ・シュワルツ R&S RTC1000:8種の計測機能を搭載した多機能オシロスコープ

ローデ・シュワルツは、コンパクトな筐体ながら、複数の機能を搭載したオシロスコープ「R&S RTC1000」を発表した。8チャンネルのロジックアナライザー、4チャンネルのパターンジェネレーター、プロトコルアナライザー機能などを搭載している。

[EDN Japan]

8チャンネルのロジックアナライザーなどを搭載

 ローデ・シュワルツ・ジャパンは2018年1月、コンパクトな筐体ながら、複数の機能を搭載したオシロスコープ「R&S RTC1000」を発表した。本体価格は10万円(税別)からで、50M〜300MHz帯域幅のモデルをそろえた。

オシロスコープ「R&S RTC1000」

 I2C、SPI、UART、RS-232、CAN、LINに対応した8チャンネルのロジックアナライザー、4チャンネルのパターンジェネレーター、プロトコルアナライザー機能などを搭載した。他に、デジタル電圧計、コンポーネントテスター、スペクトラムアナライザー、カウンター機能を搭載。8種類の計測機能を1台に搭載しており、設置面積を最小限に抑えながら、多くのアプリケーションに対応できる。

 最大サンプルレートは2Gサンプル/秒で、メモリは2Mサンプルとなる。インタフェースとして、LANおよびUSBを標準装備した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.