メディア
ニュース
» 2018年02月08日 09時00分 公開

RECOM R-78S評価ボード:スイッチングレギュレーターの評価ボード

RECOM Powerは、単3電池や外部供給電圧を3.3Vに昇圧するスイッチングレギュレーター「R-78S」の機能を簡単に試験できる評価ボードを発表した。アクティブとスタンバイ状態の両方で標準的なバッテリー稼働時間を算出できる。

[EDN Japan]

標準的なバッテリー稼働時間を算出

 RECOM Powerは2018年1月、同社のスイッチングレギュレーター「R-78S」の機能を簡単に試験できる評価ボードを発表した。併せて、3.3VのIoT(モノのインターネット)アプリケーションに使用できる小型のレファレンスデザインボード「R-REF02-78S」も用意した。

スイッチングレギュレーター「R-78S」の評価ボード

 R-78Sは、単3電池や外部供給電圧を3.3Vに昇圧するスイッチングレギュレーター。0.65Vの低い入力電圧まで昇圧動作を継続可能で、単3電池の動作時間を延長し、MEMS電源を可能にする。

 R-78S評価ボードは、入出力の電流と電圧を測定するため、複数のジャンパーヘッドを装備する。これにより、アクティブとスタンバイ状態の両方で標準的なバッテリー稼働時間を算出できる。

 また、負荷は出力ピンやmicro-USBポートに接続できる。電圧、電流測定用のテストポイントにより、0.65Vまでの入力電圧範囲や高効率、低待機損失で評価できる。オプションとして、環境発電デバイスのような他の低電圧源からの外部入力電圧を使用できる機能を用意した。

 R-78S評価ボードおよびレファレンスデザインボードのR-REF02-78Sは、既に供給を開始している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.