ニュース
» 2018年02月09日 09時00分 公開

ソシオネクスト SC1701シリーズ:車載向け次世代グラフィックスコントローラー

ソシオネクストは、車載リモートディスプレイに対応する、第3世代の高性能グラフィックスディスプレイコントローラー「SC1701」シリーズを発表した。車載ディスプレイ向けに、4K解像度やDeep Color処理などのグラフィックス機能を強化した。

[EDN Japan]

4K解像度やDeep Color処理などのグラフィックス機能を強化

 ソシオネクストは2018年1月、車載リモートディスプレイに対応する、第3世代の高性能グラフィックスディスプレイコントローラー「SC1701」シリーズを発表した。車載ディスプレイ向けに、4K解像度やDeep Color処理などのグラフィックス機能を強化した。エンジニアリングサンプルを2018年第3四半期に提供を開始する。

高性能グラフィックスディスプレイコントローラー「SC1701」シリーズ

 高速ビデオや12Gビット/秒(bps)までのデータ接続をサポートし、1台の4Kまたは2台のFull HD(2K)ディスプレイを30ビット/ピクセル(bpp)で処理する。TCON(Timing Controller)機能を搭載しており、TCON非搭載のディスプレイを2台まで駆動できる。また、単独のリンクで2つの異なるビデオストリームを受信し、このビデオストリームを2台のディスプレイに表示できる。

 圧縮方式にVESA DSCを採用し、非圧縮で最大9.6Gbps、圧縮時で最大28Gbpsの動画をサポートする。HDCP暗号技術によるビデオコンテンツ保護技術を内蔵しており、高付加価値なコンテンツの利用が可能になるという。

 グラフィックスエンジンとして同社の「SEERIS」を搭載しており、全パイプラインにわたってDeep Color(30bpp)での2Dレンダリングが可能になった。また、MII(Media Independent Interface)/イーサネットインタフェースにより、双方向通信に対応。APIX3プロトコルの機能を最大限に活用でき、イーサネット接続カメラおよび直接接続したタッチコントローラーからのビデオや補助入力データをセンターユニット、ヘッドユニットにストリームできる。

 自動車業界の機能安全にも対応し、基準を満たすために必要な診断機能、マルチウィンドウシグネチャユニット、ピクチャーフリーズ検出、マルチレベルCRCチェックなどの安全機能を実装した。不正アクセスに対する保護のため、セキュリティ機能とデータの完全性も強化している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.