メディア
ニュース
» 2018年02月15日 09時00分 公開

アンリツ MT8870A用ソフトウェア:5Gサブ6GHz機器の評価ソフトウェアオプション

アンリツは、ユニバーサルワイヤレステストセット「MT8870A」向けに、5G(第5世代移動通信)サブ6GHz帯に対応するソフトウェアオプション「5G Sub-6GHz New Radio Uplink送信測定」「Downlink波形ファイル」を発表した。

[EDN Japan]

5G NRのサブ6GHz帯に対応した試験が可能

 アンリツは2018年1月、ユニバーサルワイヤレステストセット「MT8870A」用のソフトウェアオプション「5G Sub-6GHz New Radio Uplink送信測定」「Downlink波形ファイル」を発表した。MT8870Aに搭載することで、新たに3GPPで定義された5G(第5世代移動通信)無線方式「5G NR(New Radio)」のサブ6GHz帯端末のRF測定規格に対応する。

ユニバーサルワイヤレステストセット「MT8870A」

 MT8870Aは、各種無線通信機器やモジュールの量産用測定器。上限6GHzのシームレスな周波数バンドと160MHz帯域幅を標準搭載する。今回発表したソフトウェアを実装することで、ハードウェアをアップグレードせずに5G NRのサブ6GHz帯で定義される送受信試験が完全自動で実施できる。

 5G NR仕様では、52.6GHzまでの周波数帯域が定義されているが、初期段階ではサブ6GHzスペクトルが主流になるとされる。同周波数帯は、2020年頃まで5Gシステムの主役になることが予測され、スマートフォンなど5Gデバイスベンダーは、このサブ6GHz帯への対応が必要となる。

 今回発表されたソフトウェアの実装によりMT8870Aは、次世代のモバイルデバイスで一般的となる4G、5G、IEEE802.11ax、Bluetooth 5を共通のプラットフォームで連続的に試験できるようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.