メディア
ニュース
» 2018年02月21日 09時00分 公開

日本TI F28004xファミリー:消費電力を従来比60%低減した32ビットマイコン

日本テキサス・インスツルメンツは、同社の32ビットマイクロコントローラー「C2000 Piccolo」に、SoC(System on Chip)製品「F28004x」ファミリーを追加した。従来製品に比べ、動作時消費電力を60%低減している。

[EDN Japan]

複数の入出力と内部リソースを統合

 日本テキサス・インスツルメンツは2018年1月、同社の32ビットマイクロコントローラー「C2000 Piccolo」に、SoC(System on Chip)製品「F28004x」ファミリーを追加したと発表した。1000個購入時の単価は4.85米ドルで、64ピンLQFPパッケージで供給される。

「F28004x」ファミリーのイメージ

 電気自動車(EV)のオンボードチャージャーやモーター制御用インバーター、産業用電源など、コスト重視の電力制御アプリケーションに対して最適化した。従来のPiccoloデバイスに比べ、動作時消費電力を60%低減。また、オプションのオンチップDC-DCコンバーターにより、動作時消費電力を最大70%削減する。

 複数の入出力と内部リソースを統合しており、制御および保護のメカニズムをサポートする。また、同社の第4世代高分解能パルス幅変調(PWM)タイマーテクノロジーにより、高度な制御手法の実装を可能とした。

 内蔵のアナログ機能では、ポストプロセッシング用ハードウェアが付属した12ビットA-Dコンバーター、同期機能やプログラマブルゲインアンプ、コンパレーター、D-Aコンバーターサブシステムコンパレーター、シグマデルタフィルターインタフェースをサポートしている。

 組み込みのリアルタイム解析、診断ユニットを搭載し、デバッグ機能を強化する。他に、絶縁障壁間の通信スループットを向上する超高速シリアルインタフェース、ブートモードのピン数を削減できる複数の柔軟なブートモードなど、新しい機能を提供する。

 既存のPiccoloマイコンとはコード互換性を備えた。同社では、評価キット「F280049」も提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.