ニュース
» 2018年03月01日 09時00分 公開

京セラ Zシリーズ:最短で翌日出荷が可能なクロック用水晶発振器

京セラは、車載部品の世界的な信頼性規格であるAEC-Q100、同200に対応したSPXO(クロック用水晶発振器)「Z」シリーズのサンプル出荷を開始した。独自のプラットフォーム構造により、汎用品は最短で翌日、高安定度品でも最短1週間で出荷可能だ。

[EDN Japan]

独自のプラットフォーム構造で翌日出荷も可能

 京セラは2018年2月、車載部品の世界的な信頼性規格であるAEC-Q100、同200に対応したSPXO(クロック用水晶発振器)「Z」シリーズのサンプル出荷を開始した。

クロック用水晶発振器「Z」シリーズ

 SPXOは、電子回路などを制御するクロック信号を出力し、電子機器を正常に動作させる重要な部品。Zシリーズは、水晶振動子とICをセットにした小型のヘッドユニットを、金属配線したボトムベースに組み合わせる独自のプラットフォーム構造を採用している。

 一定サイズのヘッドユニットと製品サイズに応じたボトムベースを用いることで、水晶素子やパッケージ、ICなどをサイズ別に設計する必要がなくなり、部材の共通化を図った。これにより、汎用品は最短で翌日、高安定度品でも最短1週間で出荷できるようになった。

 周波数は0.5M〜170MHz、サイズは2.0×1.6mm〜7.0×5.0mmで展開。周波数安定度は汎用品が±20ppm(−40〜+85℃)、±30ppm(−40〜+125℃)、高安定度品が±2ppm(−40〜+85℃)、±5ppm(−40〜+105℃)、±10ppm(−40〜+125℃)となっている。

 近年SPXOは、屋外に設置するスマートメーターや自動車の先進運転支援システム関連でのカメラ搭載など、広い温度範囲で高い周波数精度が求められる環境下での使用が増えている。同シリーズは、車載用部品の世界基準として定められた集積回路の規格AEC-Q100、受動部品の規格AEC-Q200に対応しており、幅広いニーズに応える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.