ニュース
» 2018年03月02日 09時00分 公開

ローデ・シュワルツ GNSS自動化テスト:GNSS受信機の性能を自動的に検証できるソリューション

ローデ・シュワルツ・ジャパンが「GNSSパフォーマンステストソリューション」を発表した。標準準拠の性能テストによる認定が必要な、eCallモジュールに組み込むGNSS受信機の性能を自動的に検証できる。

[EDN Japan]

完全自動化されたGNSS性能テストが可能

 ローデ・シュワルツ・ジャパンは2018年2月、eCallモジュールに組み込むGNSS受信機の性能を検証できる「GNSSパフォーマンステストソリューション」を発表した。価格は147万6000円(税別)からで、初年度の販売目標を30台としている。

ベクトル信号発生器「R&S SMBV100A」と自動化テストソリューション

 2018年4月から、EU内で販売する自動車には、標準準拠の性能テストで認定を受けたeCallモジュールの装備が必要となる。また、eCallモジュールに組み込むGNSS受信機は、GPSやガリレオからの信号により車両の位置を決定するが、その位置の精度や他の性能パラメーターが一定の限界内にあることを確認するため、EU2017/79、Annex VI、UNECE 2016/07の仕様に準拠したテストが必要となる。

 同ソリューションは、「R&S SMBV100A」ベクトル信号発生器と自動化テストソリューションで構成。GNSS受信機の性能を標準に準拠しつつ、自動的に検証できる。

 R&S SMBV100Aは、新しいオプションの「R&S SMBV-K361」と「R&S CMWrunシーケンサーソフトウェア」を組み合わせたもので、EU2017/79、Annex VI、UNECE 2016/07の仕様に準拠したeCallモジュールの完全自動化GNSS性能テストに適している。

 同ソリューションを使用することで、これらのテストが自動的に構成され、スケジュールの設定や実行が可能になる。その結果、開発者はeCallモジュール認定プロセスの簡素化、迅速化を図れる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.