ニュース
» 2018年03月12日 09時00分 公開

日本航空電子工業 MX77Aシリーズ:小型低背の車載向け基板対ケーブルコネクター

日本航空電子工業は、車載用ECU向けに基板対ケーブルコネクター「MX77A」シリーズを発表した。小型、低背化を図りながら、こじりや嵌合(かんごう)時のロック強度など、厳しい車載スペックに対応できる強度を持つ。

[EDN Japan]

小型低背化しつつ、車載スペックへも対応可能な強度

 日本航空電子工業は2018年2月、車載用ECU向けに小型化と低背化を図った、基板対ケーブルコネクター「MX77A」シリーズを発表した。ピンヘッダ側の実装高さが9.7mmと、従来品よりも大幅に小型、低背化した。

基板対ケーブルコネクター「MX77A」シリーズ

 信号用端子部は1.8mmピッチで、電源用端子部は2.1mmピッチ。端子サイズは、ピン巾0.4mmの超小型タイプとなる。

 同シリーズは、両端のレグ(コネクターを固定する補強部品)をスルーホール実装ではんだ付けすることで、こじりに対して十分な強度を有する。ソケット端子には、外力に強いボックスタイプ構造を採用。これらにより、車載市場の表面実装に対応し、こじりや嵌合(かんごう)時のロック強度など車載スペックへの厳しい要求にも対応する。

 芯数は、4芯から40芯まで広範に展開。使用温度範囲は−40〜85℃(使用最高温度は130℃)。適用電線は、CHFUSとCIVUSがそれぞれ0.13mm2、0.22mm2、0.35mm2および、AVSSの0.3mm2となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.