メディア
ニュース
» 2018年04月09日 09時00分 公開

村田製作所 BLM21SPシリーズ:インピーダンス70Ωのチップフェライトビーズ

村田製作所は、2012サイズ(2.0×1.25mm)の電源用チップフェライトビーズ「BLM21SP」シリーズを発表した。定格電流6Aでのインピーダンスは70Ωで、AEC-Q200に準拠し、自動車のパワートレインノイズ対策に適している。

[EDN Japan]

6Aで70Ωのインピーダンスを達成

 村田製作所は2018年3月、2012サイズ(2.0×1.25mm)の電源用チップフェライトビーズ「BLM21SP」シリーズを発表した。車載用電子部品規格であるAEC-Q200に準拠し、自動車のパワートレインノイズ対策に適している。同月より量産を開始している。

2012サイズのチップフェライトビーズ「BLM21SP」シリーズ

 チップフェライトビーズは、フェライトビーズインダクターをチップ形状にしたもの。ノイズの伝導経路に直列に挿入することで、信号にほとんど影響を与えることなくノイズ成分を減衰できる。

 BLM21SPシリーズは、独自の内部電極形成技術と構造設計の最適化により、インピーダンス取得効率が向上した。100MHz時のインピーダンスは70〜180Ω。同サイズの「BLM21PG」シリーズが6Aで22Ωであるのに対し、6Aで70Ωという高インピーダンスを達成している。同等のインピーダンス値で比較すると、定格電流は1.5倍以上になる。

電気的特性

 定格電流は4〜6Aで、直流抵抗は0.009〜0.02Ω、使用温度範囲は−55〜125℃となる。同社では、電源ラインに同シリーズを活用することで、CISPR25などのノイズ規格に対応できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.