ニュース
» 2018年04月11日 09時00分 公開

リコー 振動データの見える化システム:機械などの振動を可視化するセンシングシステム

リコーインダストリアルソリューションズは、独自開発のセンサーと解析技術を組み合わせ、製造機械の異常振動や突発的な衝撃、健全性の確認などの状態特性をリアルタイムに数値化する「振動データの見える化システム」を開発した。

[EDN Japan]

製造機械の異常振動などをリアルタイムに数値化

 リコーインダストリアルソリューションズは2018年3月、製造機械の異常振動や突発的な衝撃、健全性の確認などの状態特性をリアルタイムに数値化する「振動データの見える化システム」を開発した。

「振動データの見える化システム」のイメージ

 同システムでは、外乱やノイズに埋もれた信号から必要成分だけを抽出する解析技術を応用。独自開発のセンサーと組み合わせることで、設備や機械で発生する振動や音響データを抽出し、診断や検知を実施する。

 さらに、AI(人工知能)プログラミングにより、抽出データからユーザーが活用できるスコアを生成する。ユーザーにとって有益な指標やメッセージを提示可能になるため、ユーザーが直接振動データを分析する必要がなくなる。

 同社では、工場の他、公共交通機関や常時稼働のインフラ機器の状態監視などの用途を見込む。振動データを可視化することで、故障の未然防止、ダウンタイムの短縮、メンテナンスの簡素化につながるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.