メディア
ニュース
» 2018年04月17日 09時00分 公開

ローデ・シュワルツ R&S FPC1500:RF計測器3種を搭載のスペクトラムアナライザー

ローデ・シュワルツは、ベクトルネットワークアナライザーやトラッキングジェネレーターの機能を追加した新型スペクトラムアナライザー「R&S FPC1500」を発売した。

[EDN Japan]

スペクトラムアナライザーとして幅広い測定ダイナミックレンジ

 ローデ・シュワルツ・ジャパンは2018年4月、3種類のRF計測器を1台にまとめた新型スペクトラムアナライザー「R&S FPC1500」を発売したと発表した。従来のスペクトラムアナライザーとしての機能に加え、ベクトルネットワークアナライザー、トラッキングジェネレーターを追加。エントリークラスの価格帯で、教育機関、修理メンテナンス業者、アマチュア無線家などの利用を見込んでいる。

スペクトラムアナライザー「R&S FPC1500」

 R&S FPC1500のスペクトラムアナライザーとしての機能は、標準周波数レンジは5k〜1GHz、アップグレードで3GHzまで拡張可能になる。ノイズフロアは−150dBm(代表値)で、オプションのプリアンプを使用すれば−165dBm(代表値)まで下がる。また、+30dBm(1W)までの高入力信号にも対応しており、幅広い測定ダイナミックレンジが特長だ。

 1ポートベクトルネットワークアナライザーにはVSWRブリッジが内蔵され、スミスチャート表示でアンテナやRF回路のインピーダンス測定、RFケーブルのDTF測定ができる。

 さらにトラッキングジェネレーターが搭載されたことで、1台でアンプやフィルター、RFケーブルの伝送測定まで対応可能になった。また、独立したCW信号発生器としての使用も可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.