メディア
ニュース
» 2018年04月25日 09時00分 公開

東芝 TPHR7904PB、TPH1R104PB:車載用40V耐圧NチャンネルパワーMOSFETの新製品

東芝デバイス&ストレージは、車載用40V耐圧NチャンネルパワーMOSFETの新製品「TPHR7904PB」「TPH1R104PB」を発表した。低抵抗で小型のパッケージを採用することで、低オン抵抗特性を実現した。

[EDN Japan]

低オン抵抗特性を実現

 東芝デバイス&ストレージは2018年4月、車載用40V耐圧NチャンネルパワーMOSFETの新製品「TPHR7904PB」「TPH1R104PB」を発表、量産を開始した。主な用途としては、電動パワーステアリング、ロードスイッチ、電動ポンプなどを想定している。

車載用40V耐圧NチャンネルパワーMOSFET
「TPHR7904PB」「TPH1R104PB」

 TPHR7904PB、TPH1R104PBは、トレンチMOSプロセス技術「U-MOS IX-H」シリーズのMOSFETチップと、低抵抗で小型のパッケージSOP Advance(WF)を採用。最大オン抵抗はゲートソース間電圧が10Vの場合、TPHR7904PBで0.79mΩ、TPH1R104PBで1.14mΩ。これにより、導通損失を低減できる。

 また、従来品に比べてスイッチングノイズが少なく、電磁妨害(EMI)を低減できる。SOP Advance(WF)はウェッタブルフランク構造を採用しており、基板実装状態の自動外観検査が可能だ。

 ドレインソース間電圧はいずれも40V。ドレイン電流は、TPHR7904PBで150A、TPH1R104PBで120Aだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.