メディア
ニュース
» 2018年05月22日 09時00分 公開

テクトロニクス 2606B:1Uスロットで4チャンネルの20W SMU

テクトロニクスは、ケースレーの新製品「2606B型」システムソースメーター(SMU)を発表した。1Uのラックシャシーに20WのSMUを4チャンネル搭載し、高確度電源、電流印加、任意波形ジェネレータ、パルスジェネレータなどの機能を1台に統合した。

[EDN Japan]

3Uのラックスペースで12のSMUチャンネルを装備

 テクトロニクスは2018年5月、グループ会社ケースレーの新しいシステムソースメーター(SMU)「2606B型」を発表した。1Uのラックシャシーに、20WのSMUを4チャンネル搭載している。自動車や産業アプリケーションなど、3Dセンシング市場向けとなる。

「2606B型」SMU

 2606B型は、高確度電源、電流印加、6.5桁のデジタルマルチメーター(DMM)、任意波形ジェネレーター、パルスジェネレーターなどの機能を1台に統合。独自のシリーズレンジング回路により、最大2万測定/秒を可能にした。

 ユニット間にエアフローのための空間を必要とせず、1Uサイズで3倍の密度を実現。3Uのラックスペースで12のSMUチャンネルの装備を可能とした。従来品の「2601B型」「2602B型」とコード互換性を持ち、既存の計測器と同じTSP(テストスクリプトプロセッサ)プログラミングコードを使用するため、コードを変更する必要がない。

 アナログI/OやTSP-Linkのコネクターも同様の装備をしており、異なるコネクターやケーブルを用意する必要がなく、テストのコストが削減できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.