ニュース
» 2018年05月28日 09時00分 公開

村田製作所 BLM03EB_SHシリーズ:ギガヘルツ帯対応の自動車用超小型ノイズフィルター

村田製作所は、ギガヘルツ帯対応の超小型0603サイズ自動車用フェライトビーズ「BLM03EB_SHシリーズ」を発表した。GHz帯までインピーダンスが高く、高周波ノイズを抑制して、自動車における高周波通信を保護する。

[EDN Japan]

ギガヘルツ帯に対応

 村田製作所は2018年5月、ギガヘルツ帯対応の超小型0603サイズ自動車用フェライトビーズ(ノイズフィルター)「BLM03EB_SH」シリーズを発表した。電子料金収受システム、車車間/路車間通信(V2X)、緊急通信システム、テレマティクスなど、自動車のパワートレインやセーフティ用途に対応する。

自動車用フェライトビーズ「BLM03EB_SH」シリーズ

 1GHzにおけるインピーダンスは、「BLM03EB250SH1」で105Ω、「BLM03EB500SH1」で255Ω。自己共振周波数は、ともにギガヘルツ帯だ。ギガヘルツ帯までインピーダンスが高く、高周波ノイズを抑制して、自動車における高周波通信を保護する。従来は1005サイズが最小だったが、新たに0.6×0.3mmの0603サイズを商品化した。

インピーダンス特性。青:「BLM03EB250SH1」、ピンク:「BLM03EB500SH1」

 自動車用電子機器から放射される高周波ノイズが高周波通信モジュールのアンテナに干渉すると、通信に不具合が発生するため、通信周波数のノイズの抑制が重要となる。また、自動車に搭載される電子機器はギガヘルツ帯に対応したフェライトビーズが求められることから、同製品が開発された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.