特集
» 2018年06月07日 11時00分 公開

知っていれば必ず役に立つ:オシロの多彩なトリガ機能を使いこなそう (3/4)

[Arthur Pini,EDN Japan]

除外トリガー

 除外トリガーでは、「波形異常にはトリガーするが、通常波形にはトリガーしない」ようにできます。これは、「範囲外」というトリガー条件を利用するスマートトリガーをベースとするものです。除外トリガーは波形異常やグリッチを検出するのに便利です。除外トリガーを利用する主な利点は、このトリガーが計測が容易な公称波形特性を基準として使用するので、異常に関する情報が不要なことです。

 図4は、公称幅48ナノ秒、周期250ナノ秒というクロック波形の一例を示しています。除外トリガーは、「通常」パルスへのトリガーを防止し、それら通常パルスとは異なるパルス、つまり異常パルス、にトリガーするよう設定できます。除外トリガーでは、オシロスコープはトリガー条件が満足されない限りデータを捕捉しません。異常データの取得は、オシロスコープのデータ更新速度に依存することなく実行されます。

図4:幅基準の除外トリガーを利用することにより、クロック信号中の異常パルスを発見できます。オシロスコープは公称パルス幅48マイクロ秒とは異なる幅のパルスにトリガーします(クリックで拡大)

 パルス幅パラメータは、クロック信号の平均幅(この例では48マイクロ秒)を確定するために利用されます。この値を、除外トリガーの基本条件として利用します。ここでのパルス幅トリガーは、「パルス幅が公称値48マイクロ秒から、±800ピコ秒の範囲外にある」という条件に設定されています。その結果、公称値から少なくとも800ピコ秒のずれがあるパルスだけが、オシロスコープのトリガーにかかるということです。

捕捉後トリガー

 捕捉完了後に動作する特殊なトリガーを備えたオシロスコープも多数あります。例えば、デジタルあるいはソフトウェアトリガー、ゾーントリガー、計測トリガーなどが挙げられます。この種のトリガーは、オートトリガー機能によって波形を取得し、さらに、このデータ捕捉に続いて、データの中から必要なトリガー条件を探し出します。トリガー条件が見つかれば、波形表示はトリガーイベントの位置をオシロスコープトリガー指示ポイントに合致するようシフトします。

計測トリガー

 計測トリガーを利用すると、計測結果を基にオシロスコープのトリガーを作動させることができます。任意のオシロスコープ計測パラメータを利用できます。特定の計測値にトリガーするための計測条件として「〜未満」「〜以上」「範囲内」「範囲外」「条件なし」が適用可能です。オシロスコープは、最初にデータを取得し、計測条件が観測されると、計測位置をトリガー指示ポイントにシフトさせます。図5では、幅計測を基準とする計測トリガーの一例を示します。

図5:計測トリガーは、取得波形を走査し、おのおののポイントで特性値を計測します。ユーザー設定条件が検出されると、オシロスコープはその検出ポイントとトリガーポイントを一致させます(クリックで拡大)

 この例では、トリガー条件は10ナノ秒幅の正パルスになっています。この幅のパルスが取得データ内にあると、オシロスコープは、そのパルスの終端にトリガーポイントを合わせます。

ソフトウェアトリガー

 ソフトウェアトリガーは、ハードウェアトリガーポイントに最も近接するトリガーレベルクロスポイントを検出するために使われます。このトリガーは最近接ポイントを検出後に、波形が特定のトリガーレベルおよび傾きに合致するよう、波形の時間的オフセットを調整します。このソフトウェアトリガーは、指定のトリガーポイント周りに時間軸ゲートを設定し、その内部でしきい値をクロスするかどうかを調べるよう働きます。ソフトウェアトリガーにヒステリシスを手動設定することも可能です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.