ニュース
» 2018年06月12日 09時00分 公開

日本TI AWR1642、IWR1642:76G〜81GHzに対応、シングルチップミリ波センサー

日本テキサス・インスツルメンツは、76G〜81GHzの周波数帯に対応する、シングルチップCMOSミリ波センサー「AWR1642」「IWR1642」の量産出荷を開始した。従来のセンサー技術の数分の1の消費電力で、最大3倍の精度向上と基板実装面積の削減が可能となる。

[EDN Japan]

76〜81GHzの周波数帯をサポート

 日本テキサス・インスツルメンツは2018年5月、76G〜81GHzの周波数帯に対応する、シングルチップCMOSミリ波センサー「AWR1642」「IWR1642」の量産出荷を発表した。従来のセンサー技術の数分の1の消費電力で、最大3倍の精度向上と基板実装面積の削減が可能となる。1000個購入時の参考単価は、AWR1642が45米ドル、IWR1642が19.99米ドル。

シングルチップCMOSミリ波センサー「AWR1642」「IWR1642」

 車載用のAWR1642は、車載規格の認定を取得済みで、長距離から短距離のレーダーを含む先進運転支援システム(ADAS)アプリケーションを開発できる。他に、障害物の検出や車内の占有検出、侵入警報、スマートな自動パーキングなどにも対応。製品開発期間を短縮するソフトウェア開発キットや、複数の設計リソースも用意する。

 産業用のIWR1642は、小型フォームファクターと高分解能を提供し、スマートで高効率な市街、建物、機械の構築を可能にする。ミリ波レーダーセンサーを使った人数の計数と追跡のレファレンスデザインなど、スマートシステムの開発に役立つ複数の設計リソースも用意している。

 パッケージはいずれも10.4×10.4mmのFC/CSPで供給され、従来製品に比べて基板実装面積を抑えることができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.