メディア
ニュース
» 2018年06月15日 09時00分 公開

オンセミ FFSHx0120、FFSHx065:AEC-Q101車載グレードのSiCショットキーダイオード

オン・セミコンダクターは、車載用規格AEC-Q101に準拠したSiC(炭化ケイ素)ショットキーダイオード「FFSHx0120」「FFSHx065」を発表した。逆回復電流がなく、スイッチング性能は温度に依存しない。

[EDN Japan]

温度に依存しないスイッチング性能

 オン・セミコンダクターは2018年6月、SiC(炭化ケイ素)ショットキーダイオードのラインアップを拡充し、車載用規格AEC-Q101に準拠した「FFSHx0120」「FFSHx065」を発表した。TO-247、D2PAK、DPAKなどの表面実装およびスルーホールのパッケージで供給する。

AEC-Q101車載グレードのSiCダイオード「FFSHx065B」

 高速スイッチングが可能で、シリコン製品に比べて損失を低減した。また、逆回復電流がなく、スイッチング性能は温度に依存しない。動作温度範囲は−55〜175℃で、ピーク繰り返し逆電圧はFFSHx0120が1200V、FFSHx065が650V。特許取得済みの終端構造を内蔵し、信頼性と安定性を強化した。

 他に、低い順方向電圧、温度に依存しない電流安定度、低いリーク電流、高いサージ耐量、正の温度係数などの特長を備える。これらの特長によって効率が向上し、迅速なリカバリーによりスイッチング速度が上昇するため、必要な磁性部品のサイズを抑えることができる。

 同社では、電気自動車のオンボードチャージャーやDC-DCコンバーター、産業用電源などでの用途を見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from UBM Electronics, a division of United Business Media LLC.